egao

ごあいさつ 職員紹介

 


代表理事あいさつ


 石橋政樹

 『一般社団法人つくし』は、障がいのある方に、住み慣れた地域で安心して生活していただく為のサポートをさせて頂いております。

 その一環として、利用者の皆さまの特性が活きる就労に向けた様々な提案や訓練、そして地域の企業様との業務委託による作業を通し、労働の楽しさを感じながら自立した生活を送っていただけるよう、就労サービスに取り組んでおります。

 法人名の『つくし』は、「他者に尽くす」「すくすくと真っ直ぐ伸びる」の意味を込めてつけました。

 ご縁があって当事業所に集うご利用者の皆さまが同じ根からスタートし、それぞれの目標に向かって真っすぐ共に伸びていけるよう、私たち支援者がしっかりサポートしていく、そんな願いを込めて支援させていただいております。

 まずは、利用者が就労する喜びを体験していただくためのお手伝いを行い、利用者の皆さまやご家族、そして地域を元氣にしていきたいと思っております。

 微力ながら地域の活性化にも繋がるよう頑張ってまいりますので、皆様よろしくお願い申し上げます。


管理者兼サービス管理責任者あいさつ


 

奥野大亮

私自身、3年ほど前から月に1回ではありましたが、障害児をお持ちのお母様方とランチミーティングをしながら、障害福祉サービスの実情を勉強させていただく機会をいただきました。そこでは、療育の大切さや学校を卒業したあとの進路に悩むお子さんやご両親の生の声を聴くことができました。また、私事にはなりますが、知的障害を持った身内がいたことも障がい事業をやってみようと決心したきっかけでもありました。

私たち、就労移行支援事業・就労継続支援事業の果たす役割は年々重要になってきています。

厚生労働省の発表によると、全国での障がい者数は858万人、実に10人に1人は何らかの障がいを抱えているということでもあります。

また実際に就労されている方はまだまだ多くありません。一方で企業の法定雇用率が平成30年度より2.2%と今までよりも10%増になりました。

 

一般社団法人つくし ジョブ・サポート笑心では、事業所名に込めた『心から笑う』をモットーに、障がいのある方々がいきいきと長く働き続けることができるよう支援しています。

 

【誰しも、自分の希望する人生を歩む権利を有している。】

その言葉の実践者として、今後も微力ながら、頼れる仲間たちと尽力していきたいと考えております。

 

今後とも宜しくお願い致します。

 


職員紹介


 

日塔麻理

 

就労移行支援事業所(職業指導員)

 

職業訓練の講師として多くの方達の就労に携わって参りました。その経験を活かし、パソコン講義・ビジネスマナー講義・メンタルトレーニング・資格取得講座を行っております。

資格を取得し、就職された方をたくさん見送ってきた中で、「仕事をする」ということの尊さを強く感じて参りました。お金を稼ぐだけではなく、存在意義を見出し、仲間と達成感を分かち合う、仕事でなければ味わえない充足感がそこにはあると思います。

今、働く事が困難な状況にある方に、「ちょっとした工夫」や「少しの配慮」で働くことが可能になったり、働く場所ができたりするのだということをお伝えし、どんな工夫が必要かを一緒に考え、その方法を提案し、自立し笑顔で働ける未来のために一生懸命支援を行って参ります。

 

 

鈴木智美

 

就労継続支援B型(生活支援員)

 

“出来ないこと”に着目するのではなく“出来ること”に着目しなさい”。

これは私の大学時代の恩師の言葉です。大学生の時に障害をお持ちの方の個別支援計画を作成する機会がありました。その際に弱みにばかり焦点を当ててしまっていたことに対し恩師からこのアドバイスを受け、支援の考え方を変えることが出来ました。

今でもこの言葉の思い出し、利用者の方が持つ最大限の力を引き出せるような支援を行うことが出来るよう日々努力をしています

 

 

菅野結有(かんの ゆう)

就労移行支援事業所(生活支援員)

どんな時も笑顔を忘れず、皆さんもつられて笑顔になるような雰囲気作りを心掛けております。

知識も経験もまだ浅いですが、皆さんの不安なことや嬉しいことを、一緒に悩んだり、喜んだりできるような、そんな日々のコミュニケーションを大切にしております。

 

 阿部千尋(あべ ちひろ)

就労継続支援B型(職業指導員)

私の息子には、知的障害があります。

産まれる前からたくさんの方に支えられ、出逢い関わって下さった方達のおかげで、日々幸せを感じ生きることが出来ているのだと思っています。

私は、この幸せを返していけるような仕事に就きたいと思い、支援員となりました。

今ここで出逢った皆様と一緒に幸せと感じる瞬間が増えるよう、お役に立てる人間となれるよう努めて参ります。

 

渡辺一成(わたなべ かずなり)

就労移行支援事業所(就労支援員)

私は前職を早期退職した際、以前から関心のあった障がい者就労支援の仕事に就こうと決め、支援員となりました。

仕事とは、その対価を得るためだけでなく、仕事を通じて人と繋がる喜びや、自己成長のためにも必要であると感じています。

利用者の方が望まれる就労に結びつくよう、長年の企業経験を活かし、支援を行って参ります。

 

 

 

 

 

 

ナビゲーションメニュー